お茶っぱーず

お茶っぱーず☆一番茶の加工(‘◇’)ゞ

5月15日に刈り取った一番茶の加工をしました~。
(報告遅すぎ…!)

これが加工場です_320
「ここが加工場です」とシゲタローさんが案内してくれたのは、
愛東外町のお茶組合さんの加工場。
めっちゃ昭和!なこの空間。どこかジブリを連想させます。

お茶っぱーずの生茶葉_320

刈り取った茶葉は生なので、これを発酵が進まないように
熱をかけ(殺青)、何度か揉みの工程を得て、
乾燥させると、日頃飲んでいるお茶になります。

最後の揉み_320
ガタゴトガタゴトと素敵な音を出す機械たちは、
ずっと見てても飽きない!
写真は、最後の揉みの工程ですが、
機械の手が、交互にお茶を寄せては揉むように動いて、
とても面白いんです。

ほら、違うでしょう_320
「ほら。最初とずいぶん違うやろ?」と見せてくれる葉。
揉む前は、ちょっとだらしなくバラバラした感じですが、
揉み後は、形もシュッと整って、水分も減ってきている感じ。

現在愛東外町のお茶組合で、実際に動けるのは
シゲタローさんご夫婦と、もう一組ヒサオさんご夫婦だけになってしまいました…。以前はもっと軒数もあったのに、高齢になったり、
茶の栽培もできなくなってやめてしまったそうです。
この素敵な茶工場も、次の後継者がいなければ、閉鎖の危機です…。

 

 

カテゴリー: お茶っぱーず, 活動ブログ   タグ:   この投稿のパーマリンク
  • コメント:0
  • トラックバック:0
  • 2016年7月9日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>