投稿者「伊藤真也」のアーカイブ

一からの米づくり 稲刈り

こんにちは、2019年度CSOラーニング生の鈴木です。 今回は一からの米づくり、稲刈りについて書かせていただきます。

10月6日は稲刈りでした。本来は10月13日に脱穀をする予定だったのですが、先日の台風で稲架が倒れてしまい延期になりました。

稲架

稲架とは上の写真のようなもの。

稲架は稲を干す、古くからある伝統のようなものらしいです。紐の縛り方ひとつにも工夫があって、昔からの技術が残されているようです。しかし、今ではつくる人が少なくなっていっていることをお聞きしました。伝統が幻になっていくような感覚があります。

稲の刈り方について教えてもらっていました。普通に暮らしていると普段農業と関わる機会ってそうそうありません。貴重な経験です。

稲穂を切っていく

稲刈りの後は地域の民泊を運営している方の作ってくださった昼ご飯を食べました。大人数で集まって食べることができたこともあって、とても美味しかったです。ありがとうございました!

地域社会の風景がよく見えます。この度はおつかれさまでした!

新茶はじめました~♪ お茶っぱーず☆2019

お茶っぱーず☆一番茶・親子番茶の刈取り・加工をおこないました。今年は13組のメンバーで一年お茶作りをしていきます!

今年はGW後半になんと!霜が降りてしまい、、、収量は少し少なくなりましたが良い新芽が摘めました~。

子どもたちもお手伝い。陽射しの強い暑い中の刈り取りになりましたが、皆さんお疲れ様でした。

無農薬で栽培しているお茶ぱーずの茶園には、虫たちもたくさん住んでるよ~。

刈取りの次の日は、さっそく加工します。

お茶の新芽が蒸れないうちに機械に運び入れていきます。

と、ここまでは順調だったのですが、 お茶の加工場のボイラーが故障するというアクシデントが!!!

残念ながらボイラーはひとまず諦め、愛東青山の長太郎さんの茶工場にお願いして無事お茶ぱーずの2019新茶が出来ました!!

次回は出来たての新茶を袋詰めして、愛東マーガレットステーション直売館で販売します!皆さんぜひ味わってみてください~♪