一からの味噌づくり」カテゴリーアーカイブ

味噌づくりを体験しました。

こんばんは。

本日は、田舎もん体験のひとつ「味噌づくり」に挑戦しました。

講師は山本貞子さん。

約10年ほど前から、味噌づくりを教えてくださっています。

では、写真で今日の味噌づくりの様子をご紹介します。

茹でた大豆をマシーンを使ってつぶします。
潰した大豆と麹を混ぜ合わせます。
混ぜ合わせた大豆と麹を桶に仕込みます。(写真は講師の貞子さん)

そして、昼食用に雑煮ときな粉餅を作りました。

石臼で引く「きな粉作り」では、子ども達が大活躍!

子ども達が大活躍!石臼を使って、きな粉を作ってくれました。

重たい石臼を一生懸命回してくれました。

みんなで「いただきまーす」

お味は、もちろん「とっても美味しい!」

自分たちで作ったきなこ餅は絶品!

みんな笑顔でほおばっていました。

美味しい食べ物には、たくさんの手間と想いが詰まっているのを実感した1日でした。

今日仕込んだ味噌は、来年秋の感謝祭のお味噌汁に使う予定です。

みなさん、お楽しみに~

味噌づくりの皆さんで記念写真。

ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。

★現在田舎もん体験2020の参加者を募集中です★

こちらのページからお申し込みください。

http://ai-eco.com/activity/countryman/

一からの味噌づくり 2019

こんにちは、2019年度CSOラーニング生としてインターンに来ている、鈴木と申します。今回の体験を書かせていただきます。

今日は一からの味噌づくり体験一日目でした。今年度の参加者は6グループ。そのうち2グループが前年度からの継続で来ていらっしゃっています。東近江からはもちろん、岐阜県まで広範囲から来ていただいています。ありがとうございます。

もみ殻をかぶせます

今回行ったことは味噌の元になる大豆を植えること。そのため、大豆を植えるために田畑を耕すこと、大豆を植えること、その上からもみ殻をかぶせる事を行いました。

参加者の方は1グループ2列の畑を使って大豆を植えていきます

自分自身、比較的都会で過ごして来ていたため近くに田畑とかはなく、畑仕事にはご縁がありませんでした。しかしながら、今回、インターンの鈴木も活動に参加させていただきました。 今回味噌づくりに初体験できました。

雨が降った後だったため、地盤が悪く、長靴が何度も泥の中にはまりました。田畑のみならず、菜の花館付近には自然が多くあるため自然の中の初夏を感じることができました。夏陰の涼しさや、虫や、泥や、農業、そういった自然と離れている現在の暮らしを感じ入りました。

種を蒔きます
田畑を耕します

田畑を耕しています

田畑を自分で持つのはリスクがあるんだよなあ、と思いつつ、田畑を貸してくださり、農業のやり方を教えて下さり、農業の実際的な活動ができるというのは農業等に興味がある人たちにとっては魅力的な選択肢だなと常々感じます。