あられ

縁側に敷き詰められているものは

農家民泊「植田」宅を訪問して、廊下を見ると、何かが敷き詰められています。板状の小さなものが2色に分かれて、整然と並べられています。

あられ
話を伺う前は、何かのデザインかと。  聞けば当然なんでね。農家の加工食品としてマーガレットステーションにも出荷されている「かきもち」の乾燥風景なんです。  そういえは、子供の頃に自宅で、それも同じく縁側に干してありましたね。こんなにカラフルでは無かったというか、着色料の規制が厳しくない頃で、赤・黄色・緑の原色の「あられ」状態でしたが。
かきもち
ごま・ニッキなどに混じって、当家に自慢のものがあります。摘み取り等でお世話になっている「ブルーベリー」味の「かきもち」がブルーベリー色に染まって乾燥されています。着色だと気持ち悪いですが、ここほ混ぜ物無しの天然ブルーベリー色です。
民泊されると、この「かきもち」が、いただけますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください