農家民泊

新しい交流

新しい交流が始まろうとしています。  ネーチャーセンター「河辺いきものの森」が(材)大阪市環境事業協会と連携し、子供体験事業をスタートさせています。その延長として日帰りではなく、宿泊の伴う体験事業がこの夏に実施されることになりました。その宿泊先を愛東の農家でという話に。NPO法人愛のまちエコ倶楽部・ハンドシェーク協議会で進めている「農家民泊」という形で、「河辺いきものの森」を運営している里山保全団体「遊林会」との連携事業となってきました。


今回、その下見に大阪市環境事業協会から3名、お越しいただきました。  地域の散策、そして体験を予定しているブルーベリー園の確認等をし、蔵を改造した喫茶「茶蔵(さくら)」さんで休憩を挟んで、4軒の農家の見学会となりました。

農家民泊を開業していただいた4軒の農家さん、まだまだ泊りの実績が少なく、今後につながるいい機会につながればと期待したい連携事業です。

カテゴリー: 農家民泊   パーマリンク
  • コメント:0
  • トラックバック:0
  • 2012年4月15日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>