お茶っぱーず

お茶っぱーず☆手もみで製茶する!の巻。

はいっ、お茶っぱのポーズ!!

お茶の葉のぽーず_256

今年も京都和束町から『おぶぶ茶苑』松本さんに
来ていただき、みんなで手もみ体験しました~~!

こうやってつみます_256

まずはお茶をつみに畑へ♪
今回、初めて秋にやってみたので、
お茶っぱーず☆の茶園は、ちょっと新芽のタイミング合わず
他の園にお邪魔しました。

お茶の地図記号の由来_256

よく地図で、畑の記号とか田んぼの記号ってありますよね?
お茶畑の記号は、●が三つなんですが、それは
このお茶の実のお尻の感じから。なんだそう。
豆知識~♪

きれいなお茶がつめました。_256

何とか手もみできそうなくらいの茶葉が集まりました♪

最初の釜炒り_256

シゲタローさんちで、早速手もみ開始!
まずは釜で軽く煎ります。
「殺青」と書いて『さっせい』という工程。
熱を加えて酸化酵素を止めるそう。
この方法は、釜炒り製法というそうです。

ほぐし_256

竹の箕に移して粗熱をとって…

やっぱり憧れるのが、
ここからの『揉み』でしょ!

まずは先生のお手本。

集めて…_256
茶葉をあつめながらまとめて…
もみっっ_256
手のひらでギュッと押し揉みます。
もみっ_256
右、左、と交互に転がしながら
かためて…_256
たまに茶葉をまとめて、繰り返していきます。

かなり力を入れているように見えますが、
強すぎず、やさしく、細胞の中のお茶成分を揉んで出すそうです。

さあ、お茶っぱーずメンバーも、いってみよう!

もみ挑戦_256
先生は、ころりころり、と上手に転がしていたけど、
実際やってみると茶葉がボロボロくずれて
なかなか難しい。

2回目の釜炒り_256

そして再び釜炒り。
茶葉の80%もある水分は、最終1/5になるそう。

みんなでもみ。_256
そんでもって、揉む。

茂太郎さんも_256
シゲタローさんも、揉む。

たみこさんも挑戦_256
シゲタローさんの奥さんタミコさんも、初めて、揉む。

勾玉になってきた_256
これを4~5回繰り返していくうちに、
ほら。
茶葉がくるくるっと、巻いてきます。
目指すは、『勾玉』のかたち。

良い香がする~_256
すでにお茶の良~い香り。
早く飲みたい♪

やっぱりお母さんが好きミコトちゃん_256
今日は、先生の奥さんと愛娘ミコトちゃんも
応援に来てくれました~
あーーとろける。両方かわいい…。

さっそくお茶をいれる_256
2時間かけて、やっとお茶になりました。
2班に分かれて作業しましたが、
面白いことに、力のかけ方が違うせいか、
茶葉の感じもちょっと違う。
さて、お味はどうかな?

お茶を味わう_256
お茶をこれだけ真剣に味わう機会も
なかなか無いですよね…。
素朴で味わいのある、おいしいお茶です。
はぁ~、落ち着く。

お月見煎茶…と赤福_256
タミコさんが用意してくれた赤福とともに。
日本人で、良かったー

お茶ひとつとっても、時間をかけて、丁寧につくり、
感謝の気持ちでいただく、って
とても大切なことですね~。

おぶぶ茶苑松本さん、遠くから本当にありがとうございました!

 

 

 

 

カテゴリー: お茶っぱーず, 活動ブログ   タグ:   この投稿のパーマリンク
  • コメント:0
  • トラックバック:0
  • 2014年10月19日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>